アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ムッシューのブログ
ブログ紹介
夏涼しく冬暖かい必要最小限な家を目指した家作りの記録と読書メモ。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
NHK 「地球大進化 3 大海からの離脱」
シリーズ第3集。今回は植物と動物の陸上進出について。 いくつか、あっ、そうだったの!ということがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/25 15:55
NHK 「地球大進化 2 全球凍結」
シリーズの第2集。 全球凍結仮説が学会でホットな話題になってからまだ数年という早い段階で、ホフマン説をほぼ全面採用して一般向けのTV番組としたのはかなりの冒険といえる。本の方は”あくまでもひとつの作業仮説にすぎない”と書いているが、大半の人はTVで見るだけだろうからそれが真実だと思ってしまうだろう。まあ、そう思ったところで別に問題はないのであるが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/25 15:09
NHK 「地球大進化 1 生命の星 大衝突からの始まり」
NHK 「地球大進化 1 生命の星 大衝突からの始まり」 たまたま「凍った地球」を読んでスノーボール仮説に興味を持ちいろいろ読んでいるが、実はNHKがとっくの昔にNHK特集「地球大進化」のシリーズで紹介していることを知った。日ごろテレビを見ないから知らなかった。全球凍結事件もすでに国民の常識か?このシリーズは全6集で全球凍結をとりあげたのは第2集。それぞれ本になっているのでついでに全部読んでみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 11:56
ガブリエル・ウォーカー 「スノーボール・アース」
地球史関連3冊目。 本書によると、原生代後期の全球凍結の原因は、すべての大陸が低緯度に集まっていたため、ということだ。 陸地は海より光を反射するし、極地に大陸がないと極域の氷の増加を妨げるものがないためどんどん氷が増え、ついには全球凍結に至る、という。 実際、7億5千万年前から5億9千万年前まで大陸は赤道付近に固まっていた、ということだが、「地球全史」によると6億年前の大陸は赤道どころかほとんど南極近辺に固まっている。いったいどっちが正しいのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/05 10:01
白尾元理・清川昌一 「地球全史 写真が語る46億年の奇跡」
白尾氏の写真に清川氏の解説がついた地球史写真集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 11:39
田近英一 「凍った地球 スノーボールアースと生命進化の物語」
田近英一 「凍った地球 スノーボールアースと生命進化の物語」 平易に書かれていて非常に読みやすい。台風一過のくそ暑い日に図書館に涼を求めて本書を見つけ、半日没頭して暑さをしのげ、おまけにスノーボールアースすなわち全球凍結というビッグイベントを含む冥王代−太古代−原生代−顕生代と続く地球史の概要が理解できたのは大きな収穫であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 16:10
草屋根E 3年目の状態と矢来屋根
草屋根E 3年目の状態と矢来屋根 2017年6月28日 去年はせっかく盛った土の大半が春の風で吹き飛ぶという惨状だったが、今年はどうか? 久々に上って見たところ、土は残っているし草もボチボチ生えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 19:28
今泉良晴 「ネコの探求」
本書を読んでわかったネコの行動あれこれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 14:55
志賀浩二 「方程式 解ける鎖、解けない鎖」
数学が育っていく物語の第5週。 本シリーズは高校生や素人を対象にしており一見易しそうな書きぶりだが、内容はたいへん豊富であった。 以下トピックスのメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 15:59
園池公毅 「光合成とはなにか」
1980年発行の「新生物図録」(高校の生物のサブテキストだった)では、光合成の光反応系Uでクロロフィルから最初に電子を渡される物質はまだ不明であった。それからすでに30余年、生物学の進歩はすさまじく、この物質もきっと特定されているに違いない、と思って本書を読んでみた。 案の定、光合成に関わる基本的な物質はすべて明らかにされているようであり、そのほかにもいろいろ知りえたことがあったのでメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 20:18
砂田利一 「行列と行列式」
章立てを示すと  第1章 2次の行列と行列式  第2章 行列  第3章 行列式  第4章 一般の連立1次方程式 ここまでが前半。高校生でも読めるように意識した、ということで平易かつ懇切丁寧な説明。 置換をアミダクジで説明するのは特に良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/20 10:06
志賀浩二 「広い世界へ向けて 解析学の展開」
大人のための数学シリーズ4番目。 本シリーズでは最初に5番目の位相空間、6番目の測度論とルベーグ積分のお話しを先に読んでしまった。 普通なら関数解析を扱っているらしい7番目にいくべきところであるが、ちょっと後戻り。 本書は第1部と第2部に分かれ、第1部は微分の視点(複素解析)、第2部は積分の視点(フーリエ級数)のお話し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 15:29
菅原孝標女 「更級日記」
日ごろ古文はおろか小説のたぐいも全然読まない。ところが、どういうわけか「更級日記」の文庫本を10年以上前に買って一ページも読まずに本棚に置いていた。このまま放っておいてもジャマなだけだ。捨てるかブックオフに持っていくかする前に目を通しておこう、と読み始めたら意外にも引き込まれて全文を読み通してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/19 12:35
草屋根D 土が吹き飛び再土盛り
草屋根D 土が吹き飛び再土盛り 2016年4月19日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/21 11:28
志賀浩二 「無限をつつみこむ量 ルベーグの独創」
大人のための数学シリーズ第6巻。主な内容は測度論とルベーグ積分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/08 23:22
砂田利一 「バナッハ・タルスキーのパラドックス」
新書版で縦書き100ページ少々という数学を語るには厳しい条件ながら、内容は豊富。 表題の「バナッハ・タルスキーの定理」だけでなく、面積の公理、自由群、対角線論法、選択公理なども取り上げられている。しかも自由群をガリヴァー旅行記に登場するラピュータ国の言葉で説明するなど語り口が柔らかく読みやすい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 20:32
シルヴィア・ナサー 「ビューティフル・マインド」
映画のDVDを見て、ずーっと前に斜め読みした本書を再読。ナッシュの生涯の凄まじさは映画の比ではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/27 15:48
ドナル・オシア ポアンカレ予想を解いた数学者 Donal O'Shea
ドナル・オシア ポアンカレ予想を解いた数学者 Donal O'Shea タイトルから、ペレルマンのことをあれこれ書いていてあまり数学は語っていないのでは、と思ったが、ペラペラとめくるとバビロニア以来の幾何学の流れが主たる内容。しかも、リーマンの教授資格取得講演に一章を割いている。これは面白いかも、と読んでみた。その結果、ポアンカレや位相幾何学にがぜん興味がわいてきた。 素人向けの数学啓蒙書ということで、本文は縦書き、数式は一行も出てこない。それでも何とか数学的内容を伝えたいという願望が伝わってくる。(そのかわり注釈が膨大で、ポアンカレがクラインにあてた手紙が原文で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/13 10:13
草屋根C ついに施工開始〜いきなり完成
草屋根C ついに施工開始〜いきなり完成 構想1年、来るであろう猛暑に備え5月に草屋根の施工開始。 構造はあれこれ考えたあげく、屋根の上に垂木を載せ、その上に合板を張る。さらにその上にルーフィングを張って、土を盛ることにした。周りはちょっと枠をつけて、傾斜下側は水抜きの隙間を開けておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/15 18:14
グロタンディーク 「収穫と蒔いた種と 数学者の孤独な冒険」
グロタンディークが去年亡くなったと知り、本書を読んでみることにした。彼の数学上の業績は何も知らないのだが、過激な生き様には心惹かれるものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/29 14:52

続きを見る

トップへ

月別リンク

ムッシューのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる